医療における健康保険とファクタリングの関係

医療サービスがやり取りされる中で大きな役割を果たしているのが健康保険です。


健康保険は国民皆保険ですから、特別な事情がない限りは原則、皆が加入している保険です。たとえば病院で治療を受けるとなった際には、まず病院の窓口で健康保険証を提示する必要があります。

ファクタリングの情報なら当サイトにお任せ下さい。

それによって健康保険の被保険者であると言うことを証明するためです。


そしてその証明が終了すると、窓口で料金を精算する際、請求書に書かれている全額を支払う必要はなくなります。


これは健康保険の補助を受けることができているためです。

一方、医療サービスを提供した病院などは、残りの料金を健康保険の保険者に対して請求する必要があります。それを受けたらないままでは、医療サービスを提供した側は、サービスの対価を受け取ることができないままであるためです。
請求を受けた保険者は診療報酬として健康保険の保険金を支払うと言うのが一連の流れです。


ただし請求から診療報酬が支払われるまでには2ヶ月の期間が必要です。

livedoorニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

つまりサービスの提供が終了してからキャッシュが手元に入ってくるまでには時間が必要だと言うことです。そこでこの期間を短縮するために利用されるのがファクタリングです。



ファクタリングは、簡単に言うと診療報酬が支払われていない部分の売掛を健康保険の保険者に代ってファクタリング業者が買い取り、サービス提供者にその部分のキャッシュを支払うと言う仕組みです。

ですから健康保険の保険者からの診療報酬の支払いを待つことなく、キャッシュを確保することができます。


top